口臭対策

お金を掛けて口臭予防・改善する方法-その2-

今回もお金をいくら掛けてでも口臭を予防・改善する方法についてご紹介していきます。

ジェット水流で口臭予防!

口臭の原因として考えられることの一つに、単純に口の中が汚い、磨き残しがあることが考えられます。

これは、歯ブラシの使い方が悪い、磨く時間が少ない、糸ようじをしない、そもそも歯を磨かない、など色々あるかと思いますが、歯間に汚れが残っていて、口臭に繋がることが一番多いかと思います。

そこで一番オススメしたいのが、ジェット水流で歯間を磨く機械です。

色々なメーカー(有名なのはフィリップスなど)から発売されていて、おそらく2〜3万円ぐらいで買えるかと思います。これを手に入れると、糸ようじや歯間ブラシよりも圧倒的に楽に手入れができ、口臭も低減するのではないでしょうか。

頻度も毎晩1回やるだけで、結構効果があると思いますよ。

爽やかな息になるために

お金をかけても構わないのであれば、まずは口臭の原因を突き止めるために歯医者へ行くことをオススメします。胃が悪いのかもしれませんし、歯周病になっているのかもしれないからです。

原因を突き止めるには結局お医者さんに診てもらうのが1番早いので、まずは受診する。それから必要であれば治療を行い、その後は自宅でのオーラルケアとなります。

自宅では日々の歯磨きに加えて、デンタルフロスを使用することと、自宅でできるホワイトニング歯磨き粉の使用をオススメします。また、最近は舌の垢をとる商品も豊富に揃っていますので、それも併用する。

さすがに歯医者と自宅でのケアを併用すれば、他人に不快感を与えるような悪臭を放つことはないでしょう。自宅でのオーラルケアさえ日課にできれば、怖いものなしです。

絶対に歯医者です

口腔内と言えば、絶対歯医者がオススメです。

口臭ケアは今の時代、ドラッグストアやコスメストアやスーパーなど、いろんな場所で買えるようになってます。日々の心がけは大事ですが、お金かけていいなら歯医者でしている口臭ケアを定期的にするのがオススメです。

自宅で出来る口臭ケアは、歯医者に通いながら自宅で自分でするのがダブルで効果あるのでオススメです。今流行りのホワイトニングと一緒で、家でするのだと時間も期間もかかりますし、続けないと意味がないので、歯医者に行って高いお金を出してでも、早く効果が出て治るのが良いと思うのでオススメです。

私も実際してますが、やっぱり自宅でするのと全然違いますし、家族にも違いが分かるぐらい良いですよ。

この記事を読む

お金を掛けて口臭予防・改善する方法-その1-

お金をいくら掛けてでも口臭を予防・改善する方法についてご紹介していきます。

口臭外来で口臭治療

口臭を治す為に自分で行う対策も必要ですが、歯科医院や総合病院で開設している「口臭外来」を利用することも1つの手です。

口臭外来での口臭治療は、匂いの発生原因を追及してそれに応じた対策を施すことが求められます。

口臭治療の検査は約1時間かかり、費用は検査項目の数によって異なりますが、5~10万程になり、保険が適用されない自由診療で行います。

口臭の検査の内容は舌診で舌をチェックしたり、唾液の状態をチェック、レントゲンで検査することもあります。ただ、もしかしたら虫歯による口臭も考えられる可能性もあるので、まずは歯医者へ行ったほうがいいかもしれません。虫歯が進行して穴が空いているとそこから口臭が発生している可能性があります。

口臭の原因となっている物の除去を行いましょう

口臭の原因と言っても様々な物がありますが、歯磨きをしない人は大抵口臭があります。

食べ物のカスが溜まり臭いを発しますので、軽く糸ようじで自分の歯を掃除してみましょう。臭いを嗅いでみると分かると思いますが、普段歯を磨いている人でも歯と歯の間に溜まる歯垢は臭いを発します。

歯を磨かない人は歯垢がどんどん溜まり石のように硬くなり、歯石になります。歯石になると、歯医者さんの機械じゃないと取れないので、そうなる前にしっかり歯垢を除去していきたいですね。

あと歯を磨かないと、虫歯・歯周病などの原因になります。軽度の虫歯であればそこまで口臭はキツくありませんが、重度の虫歯になってくると歯の中の神経まで病気になり神経を除去しないといけなくなります。

ここまで虫歯が進行するとかなり臭いです。また、歯周病も臭いがします。自力で治すのはとても厳しく、歯医者さんでないと治すのは困難です。

まずは歯医者に行き、歯や口に関してのプロである歯医者さんに相談するのが良いでしょう。歯医者さんに通院するとなると、初診で検査やレンドゲンやら何やら色々やるので数千円ほど取られてしまうのですが、あとの継続の治療は数百円程度に抑えられます。もちろん、保険証は持っていって下さい。

臭いの改善をはかろうと思っても、原因を除去しない限りは口臭は消えません。歯科医院によっては、口臭の臭さのレベルをチェックする機器もあります。

また、口臭がしない人でも、口臭がすると思い込んでしまう病気があります。これは心の病気になってしまいますが、歯医者さんでも相談できます。歯医者さんで口臭のチェックをしてもらい原因をしっかり探って行くのがよいと思います。

余談になるかもしれませんが、寝起きなどは口臭がキツイですがこれは異常ではありませんので、寝起きだけ口臭がキツイ人はそこまで気にしないでいいのかなと思います。寝起きの口臭がどうしても気になる人も、歯医者さんに相談してみるのがいいのではないでしょうか。

この記事を読む

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その2-

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法についてご紹介していきます。

舌苔を取り除いてみましょう

お金を掛けずに口臭を予防・改善するのであれば、舌苔をよく取り除くことをおススメします。

舌苔は食べ物の残りカスや舌の細胞が剥がれたもので、いわゆる細菌の塊です。そんな細菌の塊を口の中に蓄えていたら、口臭だって漂う原因になりますよね。なので、その口の中の雑菌の塊を取り除く必要があります。

舌ブラシを使って鏡を見ながら、水に浸した舌ブラシで舌の奥から手前に引くようにして舌苔を取ります。舌ブラシを時々、水で洗い流してはそれを繰り返して、舌ブラシに汚れが付かなくなるまでやったらOK。

それを1日1回行います。あまりやり過ぎると舌の粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、あまり一日に何度もするのはおススメしません。

これで口臭もだいぶ良くなりますので、まずは舌苔を取り除く事から始めてみましょう。

いつもの行動を変えてみましょう

緑茶には殺菌作用があるので、緑茶を飲んだりうがいをするのはおすすめかと思います。勿論毎日続けることが大事です。

又、ハチミツにも殺菌効果や口臭予防の効果があるらしいので、ハチミツを食べたり市販のハチミツ100%の飴も口臭に効くそうです。ハチミツをそのまま食べるのが苦手な場合は、お湯に溶かして飲んだりしてもいいかも。

舌の汚れも口臭の原因なので、歯磨きのついでに舌も軽く磨くと良いみたいです。ドライマウスだと感じる方は、唾液も口の中の汚れを綺麗にする効果があるので、唾液を分泌を促す舌回しのマッサージとかもおすすめかも。

これなら本当にお金を掛けずに治せそうですね。身体の調子が口臭に現れている場合もあるので睡眠や日々の生活も見直した方がいいかもしれません。

私が口臭を改善した方法

私は口臭がひどい時期がありました。

私の場合はコーヒーやお酒の飲みすぎでしたが、口臭の原因はいろいろあり、また、その対処法も様々です。

特にコーヒーは匂いがキツくなりやすいそうで、歯の着色汚れも目立つようになるので、すぐにコーヒーは飲む量を減らしました。

このように口臭の原因になりやすい食べ物や飲み物を避けることは有効な手段です。

ニンニクやニラは定番ですが、意外とブロッコリーやキャベツなんかも口臭の原因になりやすい食べ物です。また、舌苔を除去することも有効な手段です。

今ではドラッグストアに行くと舌ブラシが安く売っているので、これで舌を磨くと口臭の原因である舌苔をきれいにすることができます。

しかし、舌はデリケートな部分なので、力の入れすぎや掃除のし過ぎには注意しましょう。

この記事を読む

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その1-

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法について、簡単に始められるものからご紹介していきます。

自分に合った方法に出会えるまで根気強く試して行きましょう。

胃を温めて口内の乾燥を防ぎましょう

口臭は口の中の乾燥でひどくなることがありますし、緊張して口の中が乾燥してカラカラになると口臭がきつくなることがあります。

また、口の乾燥は胃の冷えによるものがあるので胃を温めることが大事です。

虫歯や歯槽膿漏のような原因がないのに口臭が気になるのは胃の調子が良くない場合があるので、そんな人は胃を冷やさないようにしてみるのをお勧めします。冷たい飲み物や冷えた果物、アイスなどは控えて温かいものを口にすることを心がけると胃の血流も良くなり働きが活発になると口内の環境も良くなって潤いが戻ってきます。乾燥しなくなると口臭も気にならなくなるでしょう。

舌の運動で口臭予防

舌の運動をすることで唾液をたくさん分泌する効果があり、口腔内を清潔に保つ効果があるという方法を簡単にご紹介します。

舌の運動と言うのは、「舌を歯の外側をなぞるように動かすだけ」というものです。時計回りと反時計回りでそれぞれ20回行うもで、それを3セットです。多少舌が疲れますが、口腔内を清潔に保つ効果があるのでやっておいて損はありません。

それに、唾液が出る以外にも顎にも良いのでぜひ試してみてください。後半は舌が疲れますが、口内を清潔に保って口臭を予防できると考えたら試さない手はないですよね。

その他の方法としては、お腹周りの運動も良いでしょう。それと、おならを我慢するとガスが上に上がって口から抜けていくというのをテレビで見たことがあります。口は消化器官の入口で、進んでいけば腸に達するわけですし、便秘があれば本来いらない物が出ないで溜まっている状態です。

ですので、便秘の方や便秘気味の方は便秘を解消するだけで、口臭を予防・改善できる可能性は高いので、毎日快便になるように食事・運動・睡眠時間など1つ1つ改善してみましょう。

食生活を改善して口臭予防

お金をかけずに口臭対策したいなら、やっぱり食生活に気をつけるべきです。まず、香辛料などの匂いがきつい食べ物や、焼き肉などの動物性たんぱく質をなるべく取らないようにし、野菜を多めにとるように心がけましょう。

そして食事中は、良く噛むこと。噛むことによって唾液の分泌も促しそれにより口臭も減っていくことでしょう。口腔内の渇きも口臭の原因のひとつです。

ヨーグルトやお漬け物、納豆などの発酵食品も胃腸を整える事も口臭予防に効果的です。そして、歯磨きの際には、通常の歯磨き以外に、糸ようじで歯間の汚れを取り、舌も磨くこと、うがいで喉の細菌も除去。あとは液体ハミガキを使ったほうが練りハミガキよりも効果が続くと私は思っているのでおすすめです。

この記事を読む

▲ページトップに戻る