お金を掛けて口臭予防・改善する方法-その1-

お金をいくら掛けてでも口臭を予防・改善する方法についてご紹介していきます。

口臭外来で口臭治療

口臭を治す為に自分で行う対策も必要ですが、歯科医院や総合病院で開設している「口臭外来」を利用することも1つの手です。

口臭外来での口臭治療は、匂いの発生原因を追及してそれに応じた対策を施すことが求められます。

口臭治療の検査は約1時間かかり、費用は検査項目の数によって異なりますが、5~10万程になり、保険が適用されない自由診療で行います。

口臭の検査の内容は舌診で舌をチェックしたり、唾液の状態をチェック、レントゲンで検査することもあります。ただ、もしかしたら虫歯による口臭も考えられる可能性もあるので、まずは歯医者へ行ったほうがいいかもしれません。虫歯が進行して穴が空いているとそこから口臭が発生している可能性があります。

口臭の原因となっている物の除去を行いましょう

口臭の原因と言っても様々な物がありますが、歯磨きをしない人は大抵口臭があります。

食べ物のカスが溜まり臭いを発しますので、軽く糸ようじで自分の歯を掃除してみましょう。臭いを嗅いでみると分かると思いますが、普段歯を磨いている人でも歯と歯の間に溜まる歯垢は臭いを発します。

歯を磨かない人は歯垢がどんどん溜まり石のように硬くなり、歯石になります。歯石になると、歯医者さんの機械じゃないと取れないので、そうなる前にしっかり歯垢を除去していきたいですね。

あと歯を磨かないと、虫歯・歯周病などの原因になります。軽度の虫歯であればそこまで口臭はキツくありませんが、重度の虫歯になってくると歯の中の神経まで病気になり神経を除去しないといけなくなります。

ここまで虫歯が進行するとかなり臭いです。また、歯周病も臭いがします。自力で治すのはとても厳しく、歯医者さんでないと治すのは困難です。

まずは歯医者に行き、歯や口に関してのプロである歯医者さんに相談するのが良いでしょう。歯医者さんに通院するとなると、初診で検査やレンドゲンやら何やら色々やるので数千円ほど取られてしまうのですが、あとの継続の治療は数百円程度に抑えられます。もちろん、保険証は持っていって下さい。

臭いの改善をはかろうと思っても、原因を除去しない限りは口臭は消えません。歯科医院によっては、口臭の臭さのレベルをチェックする機器もあります。

また、口臭がしない人でも、口臭がすると思い込んでしまう病気があります。これは心の病気になってしまいますが、歯医者さんでも相談できます。歯医者さんで口臭のチェックをしてもらい原因をしっかり探って行くのがよいと思います。

余談になるかもしれませんが、寝起きなどは口臭がキツイですがこれは異常ではありませんので、寝起きだけ口臭がキツイ人はそこまで気にしないでいいのかなと思います。寝起きの口臭がどうしても気になる人も、歯医者さんに相談してみるのがいいのではないでしょうか。

▲ページトップに戻る