お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その1-

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法について、簡単に始められるものからご紹介していきます。

自分に合った方法に出会えるまで根気強く試して行きましょう。

胃を温めて口内の乾燥を防ぎましょう

口臭は口の中の乾燥でひどくなることがありますし、緊張して口の中が乾燥してカラカラになると口臭がきつくなることがあります。

また、口の乾燥は胃の冷えによるものがあるので胃を温めることが大事です。

虫歯や歯槽膿漏のような原因がないのに口臭が気になるのは胃の調子が良くない場合があるので、そんな人は胃を冷やさないようにしてみるのをお勧めします。冷たい飲み物や冷えた果物、アイスなどは控えて温かいものを口にすることを心がけると胃の血流も良くなり働きが活発になると口内の環境も良くなって潤いが戻ってきます。乾燥しなくなると口臭も気にならなくなるでしょう。

舌の運動で口臭予防

舌の運動をすることで唾液をたくさん分泌する効果があり、口腔内を清潔に保つ効果があるという方法を簡単にご紹介します。

舌の運動と言うのは、「舌を歯の外側をなぞるように動かすだけ」というものです。時計回りと反時計回りでそれぞれ20回行うもで、それを3セットです。多少舌が疲れますが、口腔内を清潔に保つ効果があるのでやっておいて損はありません。

それに、唾液が出る以外にも顎にも良いのでぜひ試してみてください。後半は舌が疲れますが、口内を清潔に保って口臭を予防できると考えたら試さない手はないですよね。

その他の方法としては、お腹周りの運動も良いでしょう。それと、おならを我慢するとガスが上に上がって口から抜けていくというのをテレビで見たことがあります。口は消化器官の入口で、進んでいけば腸に達するわけですし、便秘があれば本来いらない物が出ないで溜まっている状態です。

ですので、便秘の方や便秘気味の方は便秘を解消するだけで、口臭を予防・改善できる可能性は高いので、毎日快便になるように食事・運動・睡眠時間など1つ1つ改善してみましょう。

食生活を改善して口臭予防

お金をかけずに口臭対策したいなら、やっぱり食生活に気をつけるべきです。まず、香辛料などの匂いがきつい食べ物や、焼き肉などの動物性たんぱく質をなるべく取らないようにし、野菜を多めにとるように心がけましょう。

そして食事中は、良く噛むこと。噛むことによって唾液の分泌も促しそれにより口臭も減っていくことでしょう。口腔内の渇きも口臭の原因のひとつです。

ヨーグルトやお漬け物、納豆などの発酵食品も胃腸を整える事も口臭予防に効果的です。そして、歯磨きの際には、通常の歯磨き以外に、糸ようじで歯間の汚れを取り、舌も磨くこと、うがいで喉の細菌も除去。あとは液体ハミガキを使ったほうが練りハミガキよりも効果が続くと私は思っているのでおすすめです。

▲ページトップに戻る